敗者の投資道

年収300万。偏差値45。好きなことして生きたい(やりたいことない)

【Spotify分析?】ヒトが五感を支配した時、音声コンテンツの未来は安泰といえるか?

名前は知っていたが、長らく利用する機会のなかった【Spotify】

f:id:moviekings:20200325002557p:image

すんげえ便利。

 

邦楽も多い、お金はかからない(無料会員)、AIの精度の高さ(あなたへのおすすめ)。 極めつけは、無料会員もフルで曲が聴き放題の点。素晴らしい。

 

この企業どうやって儲けてるの?売上高の推移や、会員数は?

音楽ストーリミングの将来性は・・?

※ややオカルトチックな妄想メインの記事です(´-`)

会社情報

会社名:スポティファイ・テクノロジー

本社所在地:スウェーデン

創業:2006年4月

NYSE:2018年2月上場

ティッカー:SPOT

収益構造

①有料会員(サブスクリプション)

②広告収入

 

売上高の9割は有料会員から得ており、残り1割が広告収入のようです。

会員数の推移

2020年2月期決算(昨年同期比)より

月間アクティブユーザー:2億700万人↪︎2億7100万人

サブスクリプション会員:9600万人↪︎1億2400万人

無料会員(広告付き)は1億1600万人↪︎1億5300万人

 

いずれも好調な会員数の増加です。

 

ちなみに音楽ストリーミング業界のライバルと目されるAppleミュージックの有料会員数は6000万人(2019年6月時点)。Spotifyはその2倍を超える有料会員を有していることとなります。

しかし、音楽ストリーミングサービス自体はAmazonやGoogle、appleといったGAFAとの直接対決になるため、一歩も油断はできない状況にあると言えます。

決算内容

2019年通期

売上高:8000億円強

純損失:200億円強

フリーCF:420億円

 

売上高に関しては前年比28%増。直近3年間では30%前後の伸び率を示しています。一方で3期連続で純損失を計上中。フリーキャッシュフローに関しては、3期連続で増加しており、特に営業CFの強い成長(前年比66%増)が見られています。

五感の獲得は聴覚集中型コンテンツを破壊する・・?

1日は未来永劫24時間です。

既にGAFAをはじめとする巨大企業が無数のコンテンツを投じて、世界70億人の”人生(時間)”を奪い合っている現代。もはやヒトの四肢や視覚にほんのわずかな隙間もありません。現存するサービスで既に供給過多です。

では、聴覚についてはどうでしょう?

「あなたのお耳、暇してませんか??」と言わんばかりに音声コンテンツの波がここ数年で吹き荒れています。

スマートスピーカー、オーディオブック、無数のミュージックアプリ。

運動”しながら”、仕事を”しながら”、家事を”しながら”。。この”ながら”でサービスを利用することができるのが【音声コンテンツの大きな強みと考えます】

加えて現代では、”ながら”作業を選択しなければならない場面が無数にあります(通勤通学、炊事洗濯等々)

そういう意味では、世界人口及び今後の経済発展を考えるに、音楽ストリーミング会員数の成長にはまだ底が見えません。

 

しかし10年後はどうでしょうか?

僕にはあまり明るい未来は描けませんでした。

 

10年後、技術革新によってヒトが使える時間の上限が今より引き延ばされることは容易に想像できます。

 

例えば

①平均寿命が100歳となる

②完全自動運転→運転時間不要

③家事代行ロボット→家事不要

④業務代行AI→就労不要・・・?

 

彼らの出現でヒトが完全に24時間を自由にコントロールするようになるかもしれません。

同時に”ながら”作業も不要になることでしょう。本当にやりたいことから実行し、消費する。それでもなお、消費しきれないサービスが最後に”ながら”で消費される。

そうなると”聴覚”という単位で分離されたサービスの優先順位がどこに落ち着くか。

もちろん、”音楽”が一番という方も多くいらっしゃると思います。しかし、昨今の音声コンテンツの復興に”ながら”的要素がどれほど加点しているのかを見極める必要があり、音声コンテンツが本当に好きな人、聴覚に空きがあるから利用している人、ここを切り離して考えなければなりません。

言うなれば"ながら"層は顧客としてカウント出来なくなるのです。"ながら"不要の未来なので。

 

また、”ながら”=聴覚(音楽)という図式を取り下げたとしても、”視覚やその他五感と切り離された”音声コンテンツがどこまで支持されるか。

 

運転→自動運転、家事→家事代行ロボ、仕事→AIに置き換わり、時間のすべてを支配したヒトは、視覚、聴覚、嗅覚、五感のすべてを投じて欲求を満たそうとするのではないでしょうか。

あなたは五感のすべてを支配下に置いた時”聴覚”のみで満たされますか?

(ややオカルトチックな記事になってしまいましたが、あれこれ妄想するのも面白いものです。普段脳みそ稼働してないので良い薬となりました(´-ω-`))