敗者の投資道

年収300万。偏差値45。好きなことして生きたい(やりたいことない)

【20代:医療費10万】僕はスーパーマンではなかった...投資の前に健康を見直す。

どうも。VTI含み損マン、敗者の投資道です。

 

実は私、20代にして年間医療費10万円マンでもあります。

f:id:moviekings:20200325202758j:image

 

投資も健康もあかん・・・まさに敗者の投資道を邁進中・・・

 

 

医療費10万円の元凶

入院知らず、風邪も引かない、崖から落ちようと、台車で引かれようと骨も折れない。僕はスーパーマンでした。

 

そんな僕が人間だと自覚したのは大学2年生の春のこと。遺伝性疾患を告げられ、継続的な投薬が必要となりました。(命に関わる疾患ではなく、日常生活、運動にも一切の影響はありませんのでご心配なく。。)

 

発症の機序は遺伝性ではありますが、生活習慣によって発症率が高まるとも言われる病気。

 

遺伝の部分は仕方ない。それが人生に配られたカードですから。

 

しかし、スーパーマンと信じて疑わない自らの身体を過信し、健康に一切の投資を行わなかったこと、これには目をつぶれません。

 

「塩分が~」「脂質が~」近代医学が発達してきた歴史を垣間見れば、生活習慣と健康への影響を僕でも学ぶことはできたはず(てか知ってた)。

ですが、本当の意味で気づかされたのは事が起こってから。

 

愚者は経験に学んだのです

 

トータルリターン=給与+投資損益ー医療費(確定損失)

 

僕の場合は毎年-10万円から資産形成をスタートすることになります。

 

今後、給与や株式の損益がどのように変動するかは未確定ですが、医療費は絶対です。

毎年必ず財布をを殺しに来るわけです。

 

僕の場合、投薬は24歳から継続していますので、かれこれ30万円ほど損失を生み出している計算になります。バカになりません。

 

それを回収しようにも、庶民にとってコンスタントに10万円の利益を獲得し続けるのは困難。現在はVTIを300株ほど保有中ですが、その分配金でも補えません。

We are human

 

時間がない、食費を浮かせたい、健康診断は高い、

わかります。ギリギリまで削りたい。

 

特に10代、20代の頃は無敵に感じると思います。カップラーメンが続いても、明日、明後日への影響皆無でしたから。

 

それでも貴方はスーパーマンやスーパーウーマンではありません。

 

我々は等しくHumanなのです。

 

健康であるための答え(歴史)は十分に転がっているはず。

繰り返しますが、愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶのです。

 

ご自愛ください(-.-)