敗者の投資道

年収300万。偏差値45。好きなことして生きたい(やりたいことない)

【あなたは何のために投資していますか?】VTI全力投資後に気づいたこと

おはようございました。

最近(いつも)無気力敗者の投資道です。

 

コロナショック、原油安、毎日毎日相場が騒がしい。プロアマ含めてあれこれ分析、雑感、コメントであふれかえるネット界隈。

 

僕は正直ついていけていません。

(しんどいですもん)

 

そんな中僕は先日VTIに全力投資しました。

f:id:moviekings:20200328124325j:image

www.movielife1st.com

現金余力は文字通り1.5%。

こうなるとぶっちゃけやることありません。暇です。

そして”幸せです

信頼する銘柄へ全力投資して初めて得られた感覚とメリット、今回はこれをお届けします。

本物の自由が増えた

現金比率1.5%なので、文字通り身動きできません。

良く言えば、相場に囚われず生活ができています。

タイミングをはかったり、急を要して相場や企業の分析に走る必要もありません。

 

そうなると、空いた時間はもう少し、気楽に、自由に過ごせるわけです。

僕は友人とオンラインゲーム、アニメ、映画、昼寝()。インドア全力の怠惰生活が有頂天を極めています。

毎日の退社後、「資産運用」のために「情報収集」「相場を読む」「買い時を探る」そうしたことばかりに囚われる日々から、自由にやりたいことをやる生活にシフトできるようになり、ある意味で本当の余暇を迎え入れることができています。

「暇だな」と言える銘柄を選ぶ

現金比率1.5%、株式にフルベットしているにも関わらず、「暇です」だなんてのは呑気な話かもしれません。

ですが、それを唱えられるのは「VTI」という銘柄を選択したからこそ。

他の個別株やFX等ではそうも言っていられなかった。

時間的余裕に加えて、精神的余裕を得るには王道を行く(と思われる)銘柄を選び、信頼を寄せられる銘柄を買うことが条件です。

 時間的余裕があっても、精神的余裕を得られない銘柄では、余計な思考や行動を引き起こすことは明白です。

投資は手段であって、目的じゃない

そもそも何のために投資するのか。目的と手段、投資は手段のはずです。

じゃあ投資する目的は何か。

僕が投資する理由は「金が欲しい、楽になりたい。自由を得たいから」

別に企業分析や、相場予測、経済学が大好物なわけではありません。

 

投資関連のつぶやきやセミナーを拝見すると、多くは向上心バリバリのお堅い文言がずらりと立ち並ぶ。

「何かを分析していないと置いていかれる」そんな心理に囚われます。

また、それらは自分の気持ちが上向きの時には強い活力を与えてくれますが、そればかりでは疲れてしまいます。

「じゃあ株なんてやめとけよ」と言われるかもしれませんが、僕のような怠惰な人間にでも資金さえあれば、等しく経済成長の旨味を享受できる商品がVTI(ETF)だと再認識しています。

おかげでこのボラティリティの高い相場において、退場することもなければ、一喜一憂することもなくなりました。

 

相場に疲れた、相場が読めない、そんな時は静観するでもなく、退場するのでもなく、信頼を置ける銘柄に淡々と投資し、経済成長の旨味を逃さない。投資の末に資金が枯渇した際には堂々と相場と距離をとる(好きなことで生きていく('_'))。これも相場と長く付き合うための戦略だと自負しておきます。

 

資金がある時は「何に投資するか」ばかりに思考が行きがちですが、そもそも何のために投資をするのか?

再考する機会を定期的に設けることも必要ですね。